忍者ブログ
   ドイツゲームの親しみ方を提案する「ドイツゲームテーブル」の個人記録・・・
スタッフさん1名を含め、
 計8名でワイワイと…

その他の画像は、
 こちらのスタッフさんブログでどうぞ!。


hyu-go.jpg


まずは、全員で軽めの…
「ミッドナイトパーティー」(日本版)

 久しぶりなコトもあり、
  ヒューゴーくんを1マスづつ進めてしまひ…。
 なんだか変な雰囲気に(笑)。

 スタッフもーちゃんのナイスな指摘で、
  勘違ひに気が付き、再戦。
 も一つオマケに、
  「追ひ出し」もありました!。
 当然、こちらも採用(笑)。


 ドイツゲームにも慣れた、
  見知った顔同士。

 「追ひ出しルール」時の、
  「まう入るの?。」との牽制。
  「ここで、ヒューゴーくん!。」と、
    気合十分のダイスロール!(笑)。

 自然に会話と笑ひが起こり、
  とても好い盛り上がりでした。


 かなり小さい子を交へて。
 または、DG自体に慣れない人と。
 囲むコトがほとんどだったので、
  随分異なる印象が、新鮮でした。

 8人まで対応なコトもあり、
  今更ながら(苦笑)、確かに「名作」です!。


 外野からの小うるさい野次を回避し(笑)、
  なっは~が華麗な逃げ切り!。
 「見切り」も大事ですかね?。
 勇気を見せたい作品ではありますけど(笑)。



引き続き全員で…
「レジスタンス」resistancedarekana.jpg

 いきなり正体がバレる、
  非常事態も起こりますが(笑)、
   ま、序盤なので、「好い練習」と言ふコトに。
 みなさん、オトナで助かります。

 おかげで、進行をしっかり把握しての、第2R!。

 この時のスパイチーム3名は、
  「正体をバラさないコト」を優先し過ぎ、
   ミッションを成功させてしまひます。
 おかげで、レジスタンスチーム有利な展開に。

 第4作戦目で、
  スパッとレジスタンス側の快勝でした!。
 

 システムが似てゐるので、
  「人狼」と比べられるレビューをよく見ますが、
   個人的には、「スルース」など「推理モノ」に近い感覚。

 「人狼」は、「会話」がないと成り立ちませんし、
  多少の発言ミスや動揺を、
   どのやうにごまかして楽しむのか?。
 といった所が醍醐味。
 コミュニケーション自体を楽しむ作品。

 「レジスタンス」は、一言も喋らなくても
  十分にゲームが成立しますし、
   発言ミスや動揺をリカバーするのが難しいです。
 冷静に予想(しやうと)するコトが、
  より大きな比重を持ってゐる作品に感じます。
 
    
  
リクエスト作。
またまた、全員での… 
「お邪魔者」saboteur

 実は結構久しぶり。

 落ち着いて説明書を確認し(笑)、スタート。

 1ラウンド目こそ、
  落ち着いて勝負が進みますが…。

 2&3ラウンドは、
  いつの間にか、語尾に「ら」が付いて…。
   「間違へて~ら?。」
   「あって~ら?。」
   「カンテ~ラ!。」(※妨害の「ランタン」カード)
   「地図~ら。」(「地図」カードを使ふ時)

 などなど、
  それらを作り、連呼するのが楽しい雰囲気に。

 当然、勝敗そのものは、
  あんまり意識されなくなります…。
 しかし、全員、ある程度の見当で、
  妨害してみたり、解除してみたり…。
 勝負を全く投げてゐる訳でもありません。

 大勢で囲める作品。
 しかも、運の要素も大きい。
 全員でワイワイ、笑ひながら楽しめるのは、
  一番、魅力を引き出せるのかな?と感じます。
 
 私には、大満足な一幕でした。

 

オヤツタイム…



ちょっと別の系統も好いかな?と…。
samesame.jpg「サメ警報」hai-alarm
「モダンアート」modern art 組と

「テンデイズインアジア」10days in asia
の二卓に分かれて…

 まずは「テンデイズ」を軽く説明。
 最初、二人だったので、
  ちょっと入り難かったですかね?。

 魅力は伝はったやうなので、
  最低限としてはOKですが(笑)。

 好い作品なんで、
  今後も時々囲みたいですね。
 


 kuraei.jpg「サメ」&「モダンアート」組は、
  ルール説明と導入を1ラウンド行ひ、
   後はスタッフさんにお任せ。

 最終ラウンドに、大量に売りさばき、
  もーちゃんが華麗な逆転だったやうで!。

 大体、中学生くらゐになると、
  「競り」の面白さ、俄然増してくるやうです。


 あっと言ふ間の午後の一日でした!
PR

計6名で、久々の午後をノンビリ…

mummie.jpg



全員が揃ふまで…
「髑髏と薔薇」skull roses

シンプルな、ハッタリ合戦(笑)。

淡々とルール通り囲むと、
 随分、物足りないと感じます。
 (ハッタリで「勝負したい」ならば、
  「ゴキブリポーカー」シリーズや、
  「サメ警報」が、ずっとオススメです!)

この作品は、
 完全に「勢ひ」と「ノリ」を楽しむ作風です。

2012現在だと、
 「ワイルドさ」を押し出し、
  大騒ぎするのがよろしいかと(笑)。

明るいくてノリの好い人が、
 過半数はゐる「場」なら、
  すごく楽しく囲めると思ひます。

子どもの方が、
 負けるのがキライな分、
  探り探りになり易いみたいです。
この作品を囲むなら、
 上手く雰囲気を作った後が、
  好いみたいです。


skull.jpg恐れを知らないコールを連発し、
 コウテイが、余裕の一抜け。
勇気と無謀、
 線引きは難しいですね(笑)。



魅力のある…
「ババンク」vabanque

まずは、
 一枚づつチップを賭けて…。

その後…。
「横取り」か?。
「掛け金2倍」か?。
「ハッタリ」か?。

三枚のカードを、
 一枚づつ出して行くだけ…。

段々、「疑心暗鬼」が渦巻いてきます。

「ハッタリ」作品ですが、
 ①お札のヤリトリがあるコト。
 ②1ラウンド自体はとても短いコト。

などで、高学年くらゐ以上だと、
 子ども主体でも、ソコソコ楽しめるやうです。


今回は、トランプを使った、
 「マカオ」バリアントで、
  「4ラウンド」勝負。
   (チップの賭けが無くなり、
    かなり短くなります)

序盤から、絶好調!。
着々とお札をかき集めるなっは~を、
 みんなでワイワイ追ひ掛ける展開。

ラウンドの合間、
 それぞれ、所持金に相応しい話題で、
  作品の世界を拡げてくれます!。
アナログに競ふ、特有な面白さですね!。

勝負の行方は、最終ラウンド。
zakuzaku.jpg大勝負に勝ったまっつ~が、大逆転WIN!。

さり気なく、大金をせしめたFOXが二位になり…。
結局、なっは~、3位転落…。
さすがですな(笑)。

2ラウンド以降、
 激しくドベを争った、私とオヤジ~。
結果は、忘れましたっ!(笑)。



ちょっと繋ぎに…
「呪いのミイラ」fluch der mumie

見えない相手をどう読むか?。

磁力も上手く使はれてゐて、
 推理要素も面白い!のですが…。

初の5人囲みだと、
 少しテンポが悪く感じました…。

ただ、面子が、ほぼ中学生以上。
ちょっと対象年齢が間違ってたかな?。
と、そんな気も…。

「できる」人が、ミイラを担当する(笑)。
一人一人の手番を、なるべく早くする。
などの工夫が有効さうです。




bunnrui.jpgシメに…
「世界の七不思議」7wonders

遂に、登場。
次なるブームでせうか?(笑)。

7名ではなく6名だったので、
 全てのカードは使へませんでしたが…。


5度ほど囲んだ感覚ですが、
 囲む度に随分印象が異なります。
 (人数で、手札数も変はるので当然ですが…)


資源(茶色)争奪が厳しく感じたり…。
狙った通りにスンナリ勝てたり…。
大人数だと、他の都市が妙に気になったり(笑)。

これが、エキスパート賞の「掴めなさ」でせうか?。


すったもんだの都市決定の後、
 「バビロン」を活用したなっは~が、
  第三世代終盤で、一気に加速し逃げ切り!。

「青」の勝利点建築物を、
 逃さずキッチリ建てられたのが、
  勝利に繋がってましたね!。

keisan.jpg

今日は、全体的に、好勝負が多かったです!



今回は、学生スタッフさんも交へ、
 計7名での開催でした…


miira.jpg


「つづき」は、広告の下から…

pedoro.jpg

久しぶりに、「B&G(ボーイズ&ガールズ)」主体での開催
参加は、5名+スタッフさん1名…
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/22 kz]
[10/28 kz]
[10/27 ひーさん]
[10/25 みちよさん]
[10/10 みちよさん]
フリーエリア
プロフィール
HN:
くっちゃん
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=