忍者ブログ
   ドイツゲームの親しみ方を提案する「ドイツゲームテーブル」の個人記録・・・
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


pedoro.jpg

久しぶりに、「B&G(ボーイズ&ガールズ)」主体での開催
参加は、5名+スタッフさん1名…

「ウィウィルロックユー」we will rock you

 お隣の部屋で民謡が掛かってゐるので、
  いつもよりスローペース(笑。)
 4拍子にして、余裕を持ってのアクション。

 ある程度、アクションが続くので、
  「ダメ出し」や「セルフチェック」も頻発。

 結果、この作品の魅力もより引き出せて、 
  好い工夫だったな!と感じました。



「ディクシット」dixit
dixit.jpg
 苦手と公言するもーちゃんが、 
  見事な逆転劇での勝利!。
 この作品で、逆転って…といった、
  ちょっとクヤシイ展開(笑)。

 意外なチョイスを当てる。
 もしくは、当てられる時。
 すごく心地好いですね!。



「ドミニオン」dominion

 拡張の「海辺」「繁栄」「錬金術」、
  豪華に揃っての二卓体制!。

 私(のテーブル)は「海辺」を囲みますが、 
  「基本」より、他人の構成との兼ね合ひが強いですね。

 「基本」のみだと味気ない時もあるので、
   魅力的な拡張に感じました!。

 「基本」では鬼門の「呪いカード」。
 これが、様々に処分(対処)できるのも、
  魅力の大きなトコロですね。
 勝負をしてゐる感覚がより強くなるので!。


 「オヤツ」で休憩して…


 「ピラニアペドロ」pirana pedro

 「石」や「シンプルなカード」、
  「とぼけたペドロ君」など、
   道具立ても非常に魅力的。

 大勢だと、正に「勘」の勝負で、
  ドボンドボン河に落ちてしまひます(笑)。
 それを、「何とも楽しく感じられる」のが、 
  「よくできた作品だな。」と感じさせられるトコロ。

 非常に好い雰囲気ですし、 
  習熟度に左右されず誰とでも楽しめる。
 質の高い「パーティーゲーム」かと。
 「一回が短い」のも、見逃せないポイントですね!。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/22 kz]
[10/28 kz]
[10/27 ひーさん]
[10/25 みちよさん]
[10/10 みちよさん]
フリーエリア
プロフィール
HN:
くっちゃん
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=