忍者ブログ
   ドイツゲームの親しみ方を提案する「ドイツゲームテーブル」の個人記録・・・
[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [36]  [35]  [33]  [34

tikerai03.jpg


 今回は、5名での開催…

※充実のスタッフさんブログは、こちらで!。

「カルタヘナ」

 噂に違はぬ「論理パズル」。
 加へて、 「えっさっほいさっ。」と、
  海賊達が脱走して行く様子!。
 図案としても秀逸に表現されてゐます!。

 手札があれば有利ですが、
 手札を取る為には、
  コマを戻さないといけない…。
 ただ、一つのマスには同時に三人まで…。
 
 いつ、どの海賊をどこまで進めるか?。
  (他の人の有利にならないところに置きたい)
 もしくは、手札の為に戻るのか?。
  (二人は止まってゐるマスに戻ると、
   手札が二枚もらへてラッキー)
 上手い手順が見付かると、
  思はず「ニヤッ」としてしまひます!。



「テンプテーション」
 超定番のダイスゲーム!。
 気合を入れて振る楽しみと、
  少々の先読みの要素と…。
 「取っ付き易い」のも、
  ダイスらしい大きな魅力ですよね!。
 待ち時間も短いので、
  6人でも気軽に楽しめます!。
   


mogura02.jpg「くるりんモグラ」
 全てのモグラは色違ひの組み合はせ。
 覚へ切らなくても、
   ある程度、論理的に判断できる。
 この辺りも面白さでせうか?。

 「上級者向けカード」だと、
  ひっくり返す手順や、
   手番が来た時のもぐら配置も重要。

 3回ひっくり返さないといけないルールなので、
  最後に思はぬ色のモグラが出現する瞬間…。
 ものすご~く悔しいですね(笑)。

 

「フェットナップ」
 満を持しての再登場(笑)。

 潮の満ち引きと、ドボンの感触。
 カードのみながら、
  世界観も秀逸だと思ひます。

 またまた、もーちゃんにしてやられて、
  次回は、ハンデを頂けるさうです!。
 ありがたやありがたや(笑)。



tikerai03.jpg「チケットトゥライド・ヨーロッパ」
 駅舎の配置方法を勘違ひしてましたが、
  それでも、この作品の面白さ、
   十二分に体感できました!。

 ヨーロッパ版ならではの、
  落盤の恐ろしさや無事開通の嬉しさ。
   一気に長路線を引く爽快感。
 さすがの名作で、
  時間が気にならないくらゐ、
   引き込まれる手応へです!。

 今回は誰も引かなかったですが、
  「目的地カード」も高得点には大切ですね(笑)。

 唯一の難点は、
  東欧の地理や一部の地名が、
   あまりに馴染みが無いコト…。
   (イタリアでも、「ブリンディジ」って?・苦笑)。


 日本語シール貼って、次回に備へます!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/22 kz]
[10/28 kz]
[10/27 ひーさん]
[10/25 みちよさん]
[10/10 みちよさん]
フリーエリア
プロフィール
HN:
くっちゃん
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=