忍者ブログ
   ドイツゲームの親しみ方を提案する「ドイツゲームテーブル」の個人記録・・・
[5]  [4]  [3]  [7]  [20]  [6]  [8]  [11]  [13]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オトナだけで、じっくり作品を楽しんでみたいとのリクエスト…。

 「メイクンブレイク」で肩慣らし。

 「カンパニーレ」でちょっと踏み込んで。

 メインは 「ボーナンザ」。
 個性が強く出る「交渉」。
 オトナ同士だと、より魅力的な面白さとなります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こちらにも
せっかくトップ記事になっているので(笑)
こちらにもコメントしておきます。

ドイツゲームの記事に関しては
「相互リンク(!?)」の私のブログ。
日記のカテゴリーに
「ドイツゲーム」を追加しました(^<^)

メイクンブレイクは、
右脳が熱くなる感じのゲームでした。
私の記憶が確かなら、
このゲームの積み木を積むときは、
くっちゃん、手は震えてませんでしたよね(笑)

カンパニーレは、塔の1つのでデザインが
フィレンツェのジョットの鐘楼に似ていたので
ビックリしました。
このゲームは、こつがわかる前に終了・・・というか、
カードの巡りがよくなかったです(苦笑)

ボーナンザは、ルールの説明だけ聞くと
どこがおもしろいのかわからなかったのですが、
手番が進んで、ゲームのツクリがのみこめると
すごくおもしろかったです。
「カードの順番をかえてはいけない」が
ポイントですね。

自分が左利きだというのを再認識したゲームでもありました。

やっぱり、
わたしは「腹黒(交渉)系」のゲームが好き・・・
というか得意みたいです(大笑)
アブストラクトも「ヒキ」の強さがあるときは、
勝率アップの感じです。

みちよ URL 2010/11/01(Mon)15:47:42 編集
Re:こちらにも
>ドイツゲームの記事に関しては
>「相互リンク(!?)」の私のブログ。
>日記のカテゴリーに
>「ドイツゲーム」を追加しました(^<^)
 ↑ありがたうございま~す!。
  雰囲気が伝はってきますね!。 

>メイクンブレイクは、右脳が熱くなる感じ~
>このゲームのときは、くっちゃん、手は震えてませんでしたよね(笑)
 ↑緊張しなかったからです(笑)

>カンパニーレは、塔の1つのでデザインが
>フィレンツェのジョットの鐘楼に似ていたので
>ビックリしました。
>このゲームは、こつがわかる前に終了・・・というか、
>カードの巡りがよくなかったです(苦笑)
 ↑カードの所為にしてはいけませんよ(笑)。

>ボーナンザは、ルールの説明だけ聞くと
>どこがおもしろいのかわからなかったのですが、
>手番が進んで、ゲームのツクリがのみこめると
>すごくおもしろかったです。
 ↑確かに、ルールを読むだけでは、
  意味(意義)が分かり難いですよね。
 ただ、実際に囲んでみると、やる事はシンプルだし、
  ものすごく面白いんですよね(独特の交渉が・笑)。
【2010/11/01 19:44】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
[11/22 kz]
[10/28 kz]
[10/27 ひーさん]
[10/25 みちよさん]
[10/10 みちよさん]
フリーエリア
プロフィール
HN:
くっちゃん
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=