忍者ブログ
   ドイツゲームの親しみ方を提案する「ドイツゲームテーブル」の個人記録・・・
[26]  [24]  [23]  [22]  [21]  [19]  [18]  [17]  [16]  [14]  [12

4年目の開催は、久々の二部開催から…blog1.jpg


昼は、年長~6年生まで、保護者含め6名の参加。
夜は、年長~4年生まで、3名の参加でした。

「バケツくずし」
 人数も多く、経験者ばかりなので、
  逆回りルールを採用して囲みます。
 小さい子には少々辛かったですが、
  やはり、中学念以上には好評。
 かういふ「味付け」は、
  知った顔ばかりだと有効ですね。

  一枚だけで大きい数字を出すの時、
   かなり勇気が要りますね。
  戻ってきたらどうしやう?って(笑)。


「フォーメル・ファン」
 こちらは、新年の双六と言ふ事で(笑)。
 高学年中心の場だと盛り上がりますね!。
 ちょっとだけ先が読めるやうになれば、
  後は、自分の順位と運次第。
 めくりモノの醍醐味を満喫です。


 オヤツは、
  おいしいキナコモチとオニギリ。
  年の初めのめでたさや(笑)。 

 外アソビは、
  ペットボトルで野球風アソビ。
  の後に、缶蹴り。
 


 「ウボンゴ3D」
  脳が熱くなります!。
  徹夜で挑戦したい魔力を感じますね(笑)。
  ブロックの質感も、
   ざらざらした重みのある樹脂で、
    この辺りのコダハリはさすがですね。


 「レゴ・ピラミッド」
  Sくん持込の作品。
  レゴなのはさすがですが、
   作品としての面白味は…。
  何か一つ、
   冒険らしいスリルが欲しい!(笑)。
   

 「はやあしこぎつね」
  丁度4人なので囲みます。
  ダイスの配分を配慮し過ぎて、
   アッサリ勝ちを譲ってしまふ姿は、
    さすがな微笑ましさ(笑)。
  コマやボードの雰囲気も好く、
   短時間で終はるのも重宝します。


 「ドラゴンディエゴ」
  意外に狙ひを外れる玉ころがしと、
   予想する楽しさが上手く噛み合ってます。
  どれ位他人を観てゐるか?。
  性格が強く出さうな作品ですね。

  テーマを調べてみると、
   ドラゴンの火の玉(吐き)コンクールとのコト。
  納得の設定!(笑)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/22 kz]
[10/28 kz]
[10/27 ひーさん]
[10/25 みちよさん]
[10/10 みちよさん]
フリーエリア
プロフィール
HN:
くっちゃん
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=