忍者ブログ
   ドイツゲームの親しみ方を提案する「ドイツゲームテーブル」の個人記録・・・
[17]  [16]  [14]  [12]  [10]  [9]  [5]  [4]  [3]  [7]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は4人での開催となったナイトテーブル…aeacdfdc.jpeg

 「コロレット」
  オトナ四人だと、持ち味の「悩ましさ」。
  思ふ存分、堪能できますね!。

 「たのしいかわべ」
  フィギュアが抜群です!。
  ただ、意外に(笑)双六として楽しめますね。
  アッサリ味で私好み。
  詳細は、こちらのブログで

 「操り人形」
  終盤、私以外は(苦笑)、正に横一線!。
  一回目ですが、充実の勝負を満喫です。
  臨場感溢れる解説も、上記と同じこちらのブログで。

 最後に、お茶を頂きつつ振り返り。
 「あの手は好かったね。」など、
  実にオトナチックな時間です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんどは(笑)
「トレンデ」ィ(も)やりましょう!(大笑)

早々の記事掲載、お疲れ様です。
(一瞬見間違いかと思いました)

わたしは一番よくわからなかったのは、
「すごろく」さんでした(笑)
ボードやフィギュアはとても美しかった
です。
が、
すごろくとしてのおもしろみを感じられないうちに、
まさかの、
緑ボート、蛙さんのクチの中へ吸い込まれ〜て、終了!(苦笑)でした。

「コロレット」は、
カードがテーブルの上に展開している様子
だけは、何回も見ていました。
カメレオンだけに、鮮やかな色のカードで
『きれいだなぁ』と思っていましたが、
ゲームの中身も、
カメレオンの色変わりと同じで、
なかなか悩ましいですね(笑)
オトナ同士だとおもしろみアップですね。
またやりたいです。

「あやつり人形」
ゲームのタイトルと、ゲームの中身が
あってる?のかなぁ?(???)
キャラクターカードに操られる ってこと?
とにかく、カードの美しさにうっとりでした。もうちょっと「古っぽさ」があると
さらに好みなのですが〜(笑)
ま、
逆転勝ちしたから、よしとします!(自慢)
みちよ URL 2010/11/14(Sun)08:01:02 編集
Re:こんどは(笑)
 2時間少々なので、「大作」を入れると、
  3つ作品を囲むのでギリギリですね。

 「たのしいかわべ」
 ↑このあっさり感が、また好いんです(きっと・笑)。
  なんだか、ほっとしますし。
  

 「コロレット」
 ↑この手の作品は、「運を均す」ため、
  参加人数回の累計で勝負すると好いです。
  記録を取って、勝負してみます?。
  (半年くらい掛かりさうですが・笑)。
 

 「操り人形」
 ↑キャラクター「を」私たちが操る訳ですね。
  (より良い我が街の為に)
  絵柄の美しさは、ドイツゲームのポイントですよね!。
  それにしても、お見事な最終手番の逆転劇でしたね。
【2010/11/14 20:53】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/22 kz]
[10/28 kz]
[10/27 ひーさん]
[10/25 みちよさん]
[10/10 みちよさん]
フリーエリア
プロフィール
HN:
くっちゃん
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=